チャップアップでDHTホルモン抑制は不可能!? でも売れるのは何故?

チャップアップでDHTホルモン抑制は不可能!? でも売れるのは何故?

チャップアップ dht

 

ほとんどの薄毛はDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンが増えてしまうのが原因です。

 

DHTの抑制ができれば薄毛の進行を改善できるということが研究で分かっています。

 

 

このため育毛剤や発毛剤は、DHTを抑えて薄毛になることを防止する狙いがあるのですが、

 

ほとんどの育毛商品にはDHTを直接抑制する効果はありません。

 

発毛剤で有名なリアップですらDHTを抑制する効果は無いのです。

 

日本国内においてはDHTを直接抑制できる育毛商品は市販されていないと思います。

 

 

しかし、諦める必要は必要はありません。

 

チャップアップ育毛剤はDHTを直接抑制こそできませんが、間接的に抑制する狙いがあります。

 

 

この記事では、

  • チャップアップ育毛剤はDHTを抑制することが可能なのか?
  • DHTを直接抑制できないチャップアップが売れている理由

について情報を集めました。

 

 

読むことで、チャップアップでDHTを抑制するための狙いがわかります。

 

 

 

 

チャップアップ育毛剤でDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制できるのか?

チャップアップ dht

 

チャップアップ育毛剤にはDHTを直接抑制する効果はありません

 

これは他の育毛剤や、効果が高いと言われるリアップでも同じです。

 

 

「なんだ、チャップアップは薄毛に効果ないのか」

 

と考えるのは間違いです。

 

 

チャップアップ育毛剤には、DHTを間接的に抑制することを狙いとした成分が入っています。

 

DHTはテストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素と結合することで生成されます。

 

つまり、5αリダクターゼという酵素を抑制することが出来れば、薄毛の原因であるDHTも抑制できるということです。

 

 

チャップアップに含まれる、

  • オウゴンエキス
  • チョウジエキス
  • ヒオウギ抽出液
  • ビワ葉エキス
  • ボタンエキス
  • シナノキエキス
  • ヒキオコシエキス
  • ジオウエキス

は、5αリダクターゼを抑制することを目的として配合されています。

 

これらの成分は発毛で有名なリアップにも含まれていないため、チャップアップの大きな魅力と言えるでしょう。

 

 

チャップアップ育毛剤のまとめ

薄毛の原因であるDHTホルモンを直接抑制できる育毛剤ではない。
(直接抑制できる育毛剤・発毛剤は国内では市販していない)

 

ただし、チャップアップにはDHTホルモンを生成する酵素を抑制するための成分が含まれている

 

 

DHTの抑制だけで薄毛予防が決まるわけではありません。

 

チャップアップの効果をこれだけで決めることはできませんので、使った人の評判を知りたい場合にはチャップアップの口コミもご覧ください。

 

 

 

DHTを直接抑制できなくてもチャップアップが売れている理由とは?

チャップアップ dht

 

DHTを直接抑制できないにも関わらず、チャップアップは通販で最も売れている男性用育毛剤となりました。

 

何故チャップアップはそれほど売れているのでしょうか?

 

 

理由は簡単です。

 

育毛剤の中でチャップアップが最も効果的だと多くの人が考えているからです。

 

 

チャップアップはDHTを直接抑制することはできませんが、そもそも他の育毛剤や発毛剤だって直接抑制なんてできないのです。

 

となれば、間接的であってもDHTを抑制できる可能性がある育毛剤に人気が集まるものです。

 

その人気の頂点に輝いた育毛剤がチャップアップなのでしょう。

 

効果が無い育毛剤を使い続ける人はそうそういません。

 

使った人が効果に満足しているからチャップアップは売れているのです。

 

DHTの抑制効果については他の育毛剤と大きな差はないかもしれません。

 

ただ、多くの人に選ばれているチャップアップは、初めて育毛するような人には向いているのかもしれませんね。

 

チャップアップの詳しい効果などについてはチャップアップの効果の限界とは?もご覧ください。