チャップアップのジェネリック医薬品って? 医療費控除は不可!

チャップアップのジェネリック医薬品って? 医療費控除は不可!

 

 

お薬画像

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

チャップアップジェネリック医薬品ってあるの?」

 

医療費控除(いりょうひこうじょ)の対象になるの?」

 

って気になりますよね。

 

この記事では、

  • チャップアップにジェネリック医薬品はあるのか?
  • チャップアップは確定申告で医療費控除の対象になるのか?

についてまとめました。

 

読むことで、確定申告での手間を減らすことが出来ます

 

 

 

 

 

チャップアップにジェネリック医薬品はあるの?

チャップアップ 医療費控除 ジェネリック医薬品

 

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは

 

一般的には
「新しい薬(医薬品)を、同じ有効成分で安く作った薬」というものです。

 

 

注目するべきなのは、医薬品に限定されていることですね。

医薬品とは、法律による分類で、俗に言う「薬」が当てはまります。他に、医薬部外品、化粧品という分類があります。

 

 

チャップアップは副作用が医薬品より弱いと言われる「医薬部外品」に該当するため、そもそもジェネリック医薬品を作る分野ではありません。

 

 

そのため、
チャップアップにはジェネリック医薬品は存在しません。

 

 

調べてみると、医薬品とされる発毛剤で人気のリアップでもジェネリック医薬品は存在していないようですね。

 

 

育毛剤や発毛剤にジェネリック医薬品はあまり期待しない方が良いかもしれません。

 

 

 

チャップアップで医療費控除はできるの?

チャップアップ 医療費控除 ジェネリック医薬品

 

医療費控除(いりょうひこうじょ)とは、
1月〜12月の1年間で使った医療費の一部を、所得税から差し引いて節約できる制度です。

 

 

結論から言えば、

チャップアップは医療費控除が受けられません

 

 

理由は2つあります。

 

育毛剤は医療費控除の対象外

医療費控除は病気の予防や健康増進のための商品には使えません。
主に、命に関わる病気に対してかかった費用を軽減するための制度のようです。

 

育毛は命に関わる病気ではないためすべての育毛剤が医療費控除を利用できないようです。

 

 

チャップアップは医薬品ではない

医療費控除の対象となるのは医薬品と呼ばれる、薬だけです。
チャップアップは医薬品では無いため医療費控除を利用することが出来ません。

 

医薬品には強力な副作用があります。
チャップアップは医薬品ではないので副作用が一切ありません。
特に、心臓や血圧に不安がある人や、精力減退の副作用を避けたい人にとっては副作用が無いチャップアップは安心して利用できることでしょう。

 

医薬品、医薬部外品などの違いは「厚生労働省に認められたチャップアップ|医薬品の違いと3つの有効成分」記事を参考にしてください。

 

医療費控除の対象外だから効果が低いかというとそうではありません。
チャップアップは業界最多の81種類もの成分を配合した、最も売れている育毛剤です。

 

 

興味があれば、チャップアップの詳しい効果や口コミ情報をチャップアップの効果には限界がある!?で確認してみてください。

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 


 
記事一覧 お問い合わせ