チャップアップのジェネリック医薬品って? 医療費控除は?

チャップアップのジェネリック医薬品って? 医療費控除は?

 

ここでは、

 

チャップアップジェネリック医薬品ってあるの?」

 

医療費控除(いりょうひこうじょ)の対象になるの?」

 

という人のために、チャップアップのジェネリック医薬品や、医療費控除の話をしています。

 

お薬画像

 

 

 

 

大切なお金の話なので、しっかりと読んで節約していきましょう。

 

 

チャップアップにジェネリック医薬品はあるの?

 

 

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは

 

 

一般的には
「新しい薬(医薬品)を、同じ有効成分で安く作った薬」というものです。

 

 

注目するべきなのは、医薬品に限定されていることですね。
※医薬品とは、法律による分類で、俗に言う「薬」が当てはまります。他に、医薬部外品、化粧品という分類があります。

 

 

チャップアップは副作用が医薬品より弱いと言われる「医薬部外品」に該当するため、そもそもジェネリック医薬品を作る分野ではありません。

 

 

そのため、
チャップアップにはジェネリック医薬品は存在しません。

 

 

調べてみると、医薬品とされる発毛剤で人気のリアップでもジェネリック医薬品は存在していないようですね。

 

 

育毛剤や発毛剤にジェネリック医薬品はあまり期待しない方が良いかもしれません。

 

 

チャップアップで医療費控除はできるの?

 

 

医療費控除(いりょうひこうじょ)とは

 

 

1月〜12月の1年間で使った医療費の一部を、所得税から差し引いて節約できる制度です。

 

 

結論から言えば、
チャップアップは2つの理由で医療費控除が受けられません

 

 

@すべての育毛剤が医療費控除の対象外

 

実は、医療費控除は病気の予防や健康増進のための医療費には使えないのです。

 

主に、命に関わる病気に対して使う制度のようですね。

 

 

育毛は命に関わる病気ではないため利用できないということです。

 

 

Aチャップアップは医薬品ではない

 

この制度、医療のための薬でなくては使えません。

 

先ほども述べた通り、チャップアップは医薬品ではないので利用ができません。

 

 

 

育毛剤や発毛剤の中には医薬品もありますが、これらは副作用が強いと言われていて、場合によっては逆効果になる可能性もあるようです。

 

対してチャップアップなら無添加無香料の天然素材配合により刺激が弱く、副作用もほとんど確認されていないため安心できそうですね。

 

 

また、チャップアップは医薬品と比べて安価で手に入ることが多い上に、薄毛がそれほど進行していない人なら高い効果を期待できるようです。

 

 

チャップアップを最安値(半額)で手に入れる方法もありますので興味があればどうぞ。