【安眠】寝る毛は育つ!? 育毛に欠かせない7つの睡眠対策

【安眠】寝る毛は育つ!? 育毛に欠かせない7つの睡眠対策

 

育毛をする上で欠かせないのが、睡眠をしっかりとることです。

 

ここでは、育毛効果を高めるために、どういったことをすれば安眠できるかをご紹介いたします。
安眠

 

睡眠不足の人や安眠がしたい人は、最後まで読むことで望んだ睡眠がとれることでしょう。

 

睡眠で育毛効果?

 

睡眠を改善することでどのような育毛効果が期待できるのか?

 

 

ストレスをためると血流が悪化することで髪に栄養が届きにくくなることは有名です。
血行が悪い

 

そのため、睡眠不足でストレスをためてしまうと、育毛に悪影響を与えてしまいます。

 

 

また、髪の毛は成長ホルモンの影響により、夜の寝る時間帯で最も育ちやすくなっています

 

その時間に起きていると、育毛を遅くしてしまうような気がしませんか?

 

ストレス解消効果の他にも、細胞の修復作業を行ったり、疲れを取り除いたりなど、睡眠には重要な役割がたくさんあります。

 

効率的に育毛をするために、しっかりと安眠をしていきましょう。

 

疲れを取るための7つの睡眠対策

 

では、どうやって安眠したらよいのでしょうか?

 

7つの対策方法を挙げていきます。

 

 

 

寝る時間を決める

寝る時間
規則正しい生活をするということですね。
毎日、同じ時間に寝て、同じ時間に起きることでストレスが一層解消されます。
身体のリズムも一定になるので健康にも良く、健康に良いということは育毛にも良いのです。
寝る時間は午後10時頃がベストです。
なぜなら、育毛を助ける成長ホルモンは午後10時〜午前2時ごろに活発になるので、その時間に睡眠をとることで効果を高める狙いがあります。

 

 

寝る前の行動に気をつかう

寝る前の行動
寝る3時間前までに食事を済ませてください。
また、お風呂は寝る1時間前に出るようにしてください。
寝る直前は身体に変化を起こす動きは避けて、安静にしているのが一番です。
特に注意してほしいのが、寝る時に携帯電話を見る行為です。
寝る前に横になりながら携帯電話を見る行為は眼と脳に大きな負担を強います。
それにより、眼精疲労などによって血流が悪化してしまい、頭皮に栄養が行き渡らなくなることもあります。

 

 

枕カバーは頻繁に洗う

枕
寝具は重要な安眠要素です。
枕については、数日に一回は枕カバーを洗いましょう。
枕には寝ている間にフケがついたり、昼間にホコリがのったりします。
そんな状態の枕を使い続けるというのは、育毛を考えるうえで衛生上よろしくないのです。
汚れた枕に頭皮を一晩こすりつけるということは、毛穴に汚れをすり込むも同然と言えるかもしれません。

 

 

フトンは身体に合ったものを使う

フトン
フトンにも気をつかいましょう。
定期的に干して乾燥させることを推奨します。
また、シーツや布団カバーも週に1回は交換して、清潔さを保ってください。

 

 

寝る姿勢

寝る姿勢
これは腰痛もちの人に特に言えることですが、自分に適した姿勢で寝てください。
巷では仰向けが良いとか横向きが良いとか意見が割れていますが、個人的には仰向けで膝の下にクッションを入れると快適に眠りやすいです。
仰向けが苦しい人は横向きでも構わないと思います。
いずれにしろ、自分が朝起きた時に疲れない姿勢をオススメします。

 

 

寝起きは太陽光を浴びる

起きる
安眠方法とは少し違いますが、寝起きにカーテンを開けて太陽光を浴びるようにしましょう。
これによって、体内時計が正しく認識してくれます。
体内時計が狂うと自律神経に異常をきたしてしまい、抜け毛の原因になりかねません。
他にも、目が覚めやすいので二度寝を防止しやすいという利点もあります。

 

 

昼寝は短時間だけとる

昼寝
仕事の昼休みで可能なら、昼寝は15分程度とるようにしましょう。
それ以上寝ると夜に影響しますし、全く昼寝を取らないと疲れが蓄積してストレスがたまります。
特にパソコンで作業をする人は、5分でも目を閉じるだけで脳や眼が休まるので試してみてください。

 

 

 

以上が対策となります。

 


ただし、睡眠だけで育毛はできません。
他にも、運動やストレス解消も必要となります。

 

育毛のための運動方法を知りたい人は、【必見!】育毛に必要な4つの有酸素運動とは何か?をご覧ください。