【知らないと損】育毛剤と発毛剤の違いとは?

【知らないと損】育毛剤と発毛剤の違いとは?

 

一口に育毛剤と言っても、育毛するものと、発毛するものがあります。

 

これらの違いをハッキリとご存知でしょうか?
違いがわかるかい?

 

この記事では、育毛と発毛の違いについてお話します。

 

最後まで読めば、あなたに適したのが育毛か発毛かがわかることでしょう。

 

 

育毛と発毛の違いは?

 

育毛剤と発毛剤の違いを簡単に言えば、

 

育毛は、既にある毛を成長させる

 

発毛は、毛が無くても生やす

 

 

事を主眼に置いています。

 

 

 

「え? だったら発毛剤だけあれば十分じゃない?」

 

 

と思ったかもしれません。

 

 

そうでもないんです。

 

 

育毛剤と発毛剤、それぞれに利点と欠点があります。

 

育毛剤の効果とは

 

育毛剤の利点は3つあります。
育毛剤の利点

 

入手が簡単

 

小銭

 

育毛剤は、発毛剤に比べて入手が簡単なことが多く、安価で手に入りやすいです。
医薬品と呼ばれる発毛剤は、医師に相談しなくては使えないものが多いのですが、医薬部外品となる育毛剤はその必要性はありません。

医薬品とは、医師の相談が必要な薬品を指します。
医薬部外品は医師の相談が必要ないものです。
発毛剤はほとんどが医薬品です。

 

 

 

 

副作用が少ない

 

副作用

 

発毛剤は薬品に分類されるため、副作用が強い場合がほとんどです。
具体的な例としては、心臓への負担が増したり、動悸や胸痛、精力減退などが発生する可能性があります。
一方で医薬部外品の育毛剤であれば副作用がほとんどありません。

 

 

 

 

効果範囲が広いことが多い

 

効果範囲

 

育毛剤には様々な成分が配合されていることが多く、M字ハゲやかゆみなど様々な症状に効果を期待することができます。
発毛剤もそういったものがありますが、基本的には一点特化型という印象です。

 

 

 

 

発毛剤の効果とは?

 

では、発毛剤の利点とはなんでしょうか?

 

 

ズバリ、高い効果が期待できることです

 

ハゲ

 

一つの効果に特化したものが多いため、特定のハゲに対しては非常に高い効果を期待できます。

 

例として、頭皮の大半がハゲてしまった場合には発毛剤が望ましいでしょう。

 

ただし、原因が特定できない場合には効果が低下する恐れがありますので、自分のハゲの原因が確実にわかっていないといけません。

 

ひとえに薄毛といっても、最近では複数の原因が重なり合っていることが多いため、原因を特定するのは容易ではありません。

 

 

また、発毛剤は薬品である医薬品に分類されるため、医師の相談が必要となっています。
副作用が強いため、自己判断で使うのは控えましょう。

 

副作用

 

また、効果が高いからと言って、薄毛がそこまで進行していないのに発毛剤を使うと、副作用の方が強く出てしまい、逆効果ということもあり得ます。

 

 

 

 

育毛剤と発毛剤の違いまとめ

 

互いにメリットとデメリットがあることはわかりましたでしょうか?

 

 

育毛剤がオススメできる人は、

 

  • 薄毛の進行がそれほど進んでいない人
  • 自分の薄毛の原因がわからない人
  • 副作用が怖い人
  • 購入するのが面倒なのが嫌な人
  • 心臓などの循環器に不安がある人

 

 

発毛剤がオススメできる人は、

 

  • 自分の薄毛の原因が特定できている人
  • 副作用よりも髪を優先する人
  • 薄毛の進行がかなり進んでいる人

 

 

です。
ちなみに、初めて薄毛対策をする人は薄毛の進行がそれほどでもないでしょうから、育毛剤をオススメします。
薬

 

育毛剤なら成分種類数が最多で幅広い薄毛に対応できるものが良いでしょう。

 

中でも、特に売れている育毛剤がありますので、興味がある人はユーザーに最も選ばれている育毛剤をご覧ください。