男性と女性で薄毛の原因は大違い|男女で違う対処方法

男性と女性で薄毛の原因は大違い|男女で違う対処方法

男性 女性 薄毛

 

薄毛と言っても男性女性で原因が異なる場合があります。

 

基本的にはどちらも男性ホルモンが影響を与えてはいますが、女性の場合は女性ホルモンの減少、男性の場合は男性ホルモンの変質が原因となることが多いです。

 

使う育毛剤の効果も男女で違う場合が多く、男性用育毛剤、女性用育毛剤といった性別によって異なる商品が出ている場合が多いです。

 

この記事では、男女の薄毛の違いから、どんな対策をすればよいのかについてまとめました。

 

読むことで悩むことなく薄毛対策ができるようになります。

 

 

【目次】 ↓クリックすると読みたい項目をすぐ読めます

 

1.男性と女性の薄毛の原因はどう違う?


2.どうすれば薄毛が改善されるのか?

 

 

 

男性と女性の薄毛の原因はどう違う?

男性 女性 薄毛

 

男性の薄毛の原因

 

男性の薄毛の原因は、男性ホルモンのDHTという物質が増加するためです。

 

DHTは頭皮を薄くして体毛は濃くする作用があります。
このためDHTが増えるほど頭皮は薄くなってしまうのです。

 

DHTが増えやすくなる要因としては、遺伝や生活習慣が挙げられます。

 

遺伝要素は主に母親から引き継ぐため父親が薄毛だとしてもそれほど心配する必要はありません。
むしろ母方の祖父が薄毛かどうかを気にした方が良いでしょう。

 

遺伝で薄毛になりやすい体質だとしても諦めないでください。
遺伝が薄毛に与える影響は3割程度と言われています。残り7割を対策することで薄毛は回避することが可能です。

 

 

 

女性の薄毛の原因

 

女性の薄毛の原因は、女性ホルモンが減少するためです。
女性ホルモンは頭髪を伸ばすために重要な役割を担っていて、卵巣で作られています。
加齢などにより卵巣が衰えてくると女性ホルモンの分泌量が減少してしまい、薄毛が進行するのです。

 

女性の場合はホルモンバラナスが崩れることで薄毛になる場合も多いです。
ホルモンバランスが崩れる場面というのは、妊娠中などが当てはまります。

 

このため妊娠中や産後は抜け毛が増えやすくなります。

 

女性の場合は女性ホルモンが多いおかげで、男性のように完全に毛が抜けることはほぼありません。
髪が細くなったりボリュームがダウンする程度なので、男性に比べると改善しやすいと言えます。

 

 

 

どうすれば薄毛が改善されるのか?

男性 女性 薄毛

 

対策は男女で共通する部分があります。

 

共通する点としては、生活習慣の改善です。

 

特に女性の場合は頭皮環境を整えるだけでも改善することがあるため、毎日30分程度のジョギングや、海藻類などの食事をとることを考えましょう。

 

対策としては

 

  • 食事……海藻類、ナッツ類、青魚、緑黄色野菜などを摂取する
  • 運動……毎日30分ジョギングをしてストレス解消や血行を促進する
  • 睡眠……寝不足にならないよう、毎日同じ時間に寝起きする

 

 

また、シャンプーの種類も重要です。
シャンプーが肌に合わないと頭皮が荒れてしまい抜け毛の原因となります。

 

日常的に頭皮がかゆい場合はシャンプーを変えた方が良いでしょう。
市販のシャンプーはほとんどが刺激が強いシャンプーです。
成分表に「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」という文字が含まれていたら頭皮に合わない可能性が高いので別のシャンプーに変えましょう。
通販で主に販売しているアミノ酸系シャンプーであれば刺激が少ないため改善されることが多いです。

 

 

女性であればこれらの対策だけでも改善されることが多いですが、男性では難しいかもしれません。

 

そういった場合には育毛剤の使用を検討してみてください。

 

初めて育毛剤を使うのであれば最も売れていると言われるチャップアップが良いかもしれません。
セットでアミノ酸系シャンプーも販売しているため、育毛シャンプーを探している人にも向いています。

 

チャップアップ育毛剤には、男性ホルモンのDHTを生成する5αリダクターゼという酵素を抑制する狙いがあります。
同時に頭皮環境を整える成分も配合されていますので、女性でも効果を高い期待できるようです。

 

チャップアップについて詳しく知りたい場合にはチャップアプの効果とは?も参考にしてみてください。